奈良・大阪の債務整理・過払い金回収なら あおぞら大和司法書士事務所
お気軽にご相談ください フリーダイヤル0120-7252-723 メールの方はこちら 24時間受付中
 

←もどるs



s過払い金返還とは・・・
 

 過払い金とは、「 返還請求が出来る払い過ぎの利息 」のことです。
 利息制限法を超えたグレーゾーン金利(灰色金利)の支払を長期に渡って行っていた場合に、その払いすぎた利息(過払い金)の請求を求めることが可能です。

出資法の上限金利  処罰の対象


sグレーゾーン金利(灰色金利)とは?
 

 グレーゾーン金利(灰色金利)とは利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の間にある金利のことを言います。利息制限法の金利の上限は以下のとおり定められています。

s






  この利息を超える場合、その利息は無効であると定められています(利息制限法第1条)。しかし、この上限を超える利息を設定しても罰則が定められていません。
 また、貸金業規制法という法律により、利息制限法を越える利息も一定の厳格な要件を満たすことを条件に有効になる場合があると定められています(貸金業規制法第43号)。


 それに対し出資法の上限利息は29.2%となっており、この利息を超える利息を受領すると罰則が規定されています。


 以上のように、利息制限法(最高20%)の上限利息と出資法(29.2%)の上限利息の中間は、違法(黒)でもなく合法(白)でもないことからグレーゾーン金利(灰色金利)と呼ばれています。多くの消費者金融やクレジット会社のキャッシング利率はこのグレーゾーン金利(灰色金利)が設定されています。



s過払い金返還手続の進め方
 

 過払い金返還手続は、多くの場合、任意整理などの債務整理手続の受任により開始となります。既に完済している取引(借入残債務がない場合)については、過払い金の返還請求手続のみを受任することとなります。


1.

任意整理などの債務整理手続の受任
 (場合によっては過払い金返還手続のみの受任の場合もあります)

s

2.
消費者金融やクレジット会社に対し取引履歴の開示請求


s

3.

開示された取引履歴により利息制限法利率への引き直し計算を行い過払い
金額の確定

s

4.

過払い金の返還交渉  交渉決裂の場合、
過払い金返還請求訴訟(不当利得返還請求訴訟)の提起

s

5.
過払い金の返還合意(任意の和解又は裁判上の和解又は判決)


s

6.
過払い金の振込入金確認により手続完了


 


s完済後(取引終了後)過払い金返還請求
 

 完済後(取引終了後)でも過払い請求は可能です!

 過去に消費者金融やクレジット会社からのキャッシングを利用しており、 現在既に取引が終了している場合でも、取引終了(完済後)から10年を 経過していない限り過払い金の返還請求が可能(10年を経過していると原則として返還請求権が時効消滅します)。


 取引履歴の開示について

 現在では大手の消費者金融やクレジット会社であれば、完済後(取引終了後)でも取引履歴の開示に応じます(先の最高裁判例により保存してあるすべて 取引履歴の開示義務が認められたためです。)


 以上のことより、終了している取引(完済している取引)でも過払い金の 返還請求が可能ですので、過去に取引のあった方はご相談をしてみることを お勧めします。


sメリット
 

払い過ぎの利息を返してもらえる
s

過払い返還手続のメリットは、当然ながら払いすぎた利息を返してもらえることです。


sデメリット
 

■信用情報機関への事故情報としての掲載
s

  債務整理事案(残債務が残る状態)として受任した場合、引き直し計算を行い過払いとなっている場合でも、現在の消費者金融の多くは信用情報機関に「債務整理」や「強制解約」など事故情報として見られる登録を行うケースが通常の扱いです。しかし、過払いとなっているということは債務の整理には該当しないため「債務整理」としての情報登録は正しい内容ではないはずです。このような登録に関する扱いには批判が多く、近々に改められるものと思われます。




s司法書士の代理権

 過払い金回収において、司法書士が代理人として依頼を受けることが出来るのは、紛争の目的の価額が140万円以内の請求に限ります。



TOP | 事務所プロフィール | お客様の声 | 5つの約束 |
依頼での流れ | 破産 | 任意整理 | 個人再生 | 過払い金回収 | 報酬基準 |
アクセス・地図 | お問い合せ |

 
〜お一人で悩まず司法書士に債務整理のご相談を〜